ドコモから楽天へ乗り換える〜光回線とモバイルを乗り換える最短手順と方法〜

どうも、しろくま33です。

今回はドコモから楽天へ乗り換えるための最短手順方法について解説します。

楽天へ乗り換えたいけど手続きが大変そう
3ヶ月無料キャンペーン中みたいだけど、
モバイルも光回線もとなると腰が重いなー

このように悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

今回はこのようなお悩みを解決しつつ
最速乗り換え手順について解説します。

(引用:impress Watch

現在も伸び続けている顧客数

1年間無料キャンペーンは終了しましたが、新たに3ヶ月無料キャンペーンを実施中です。

申し込み締め切りはまだないようですが、いずれ顧客数によっては終了の可能性はあると思われます。

そして、なんと

楽天光回線と同時契約特典は現在もキャンペーン中です。

今ならスマホと光回線同時契約で光回線1年間 無料!

(引用:楽天モバイル公式HP

是非、楽天モバイル、楽天ひかりへ乗り換えてみてください。

キャンペーンLP ※期間中限定


☑︎本記事の信頼性

しろくま33(@shirokuma332

目次

ドコモから楽天への最短移行手順

  1. 対応モバイルの確認と購入
  2. 光回線移行 事業者変更承諾番号の発行手続き
  3. MNP携帯電話予約番号の発行
  4. webにて楽天ひかり回線申し込み
  5. webにて楽天モバイル申し込み

上記①〜⑤の手順でwebで申し込むと

楽天ひかりから翌日に利用開始日のお知らせが届き

楽天モバイルのSIM(私はeSIMにしました)は申し込み3日後に手元に届きました。

新規iPhone購入から乗り換え手続き完了まで6日で行えました。

楽天は店舗での申し込みも行っていますが、事前予約が必要であったり時間を拘束されてしまうので

私個人の意見としては、web申し込みをおすすめします!

それでは具体的に最速移行手順を解説します。

①対応モバイルの確認と購入

楽天モバイル乗り換えにあたってはじめに考えるべきことは、対応機種についてです。

  • 現在使用している機種は対応しているのか?
  • 対応機種を購入するには?

私はiPhoneを愛用しているのですが、7を使用していたため対応端末ではありませんでした。

そのためApple StoreでiPhone SE2を購入しました。

iPhoneの購入と下取り、データ移行について知りたい!という方はこちらの記事を参考にしてみてください。

しかし、購入手続きを後に回してしまったため、手元に届く時期が遅くなり楽天SIMへの移行に少し時間がかかりました。

移行を考えている方は、まず対応端末かどうかを調べていただき、楽天モバイル申し込みと合わせて非対応であればすぐに購入をおすすめします。

対応端末かどうかの確認はこちらにリンクを貼っておきますのでご確認を→「対応端末

ちなみに対応機種ではなかった場合、特にスマートフォンにこだわりがないという方は楽天モバイルで購入できる物もおすすめです。

現在、移行キャンペーンにて楽天ポイント還元を実施しており、実質0円で入手可能なスマートフォンもあります。

(引用:ポイント還元キャンペーン

楽天モバイルで新規購入を希望している方はリンクを貼っておきますのでご確認を→「販売端末一覧

②光回線移行 事業者変更承諾番号の発行手続き

ドコモ光から楽天ひかりへ移行する場合事業者変更承諾番号が必要になります。

この番号を取得する方法は二つあります。

  1. ドコモショップ来店予約をしてショップで取得
  2. 電話で申し込む

この二つの方法がありますが、ショップでの取得は事前予約、足を運ぶという時間拘束がありますので

私は電話申し込みをおすすめします。

ドコモ携帯電話からの場合(局番なし)151(無料)から問合せが可能です。

一般電話からは0120-800-000からも問合せ可能ですが、通話時間が少しかかりますので、

ドコモ携帯電話からの問合せをおすすめす。

どちらも受付時間が午前9時〜午後8時までとなっていますのでご注意ください。

詳細リンクも貼っておきますのでご確認ください→「ドコモ光問合せ

電話がつながると本人確認として

発行手続きにはこの二つが必要ですので、ネットワーク暗証番号をお忘れの方は事前にご確認ください。

お忘れの場合はドコモショップまたはインフォメーションセンターから郵送もできるようなので、こちらも契約前に確認が必要です。

電話がつながればあとは案内にしたがって事業者変更承諾番号を発行してもらえます。

ドコモ光とモバイルのセット割りをしている方は、この電話手続きでセットを別々にする手続きも行います。

私は楽天ひかりへの乗り換えで発行事務手数料3,000円、解約金13,000円が必要となりました。

解約金を抑えたいという方は契約日の確認をお願いします。

③MNP予約番号の取得

MNP予約番号は、楽天モバイルへの乗り換えに必要となります。

MNP予約番号の取得もショップ、電話、webでの手続きが可能です。

webでの発行が圧倒的に早いと思いますが、電話で事業者変更承諾番号発行手続きを行う必要があるので、

私はその電話のままMNP予約番号取得手続きも済ませてしまいました。

一度に事業者変更承諾番号発行手続きとMNP予約番号取得手続きを済ませてしまった方が早いと思います。

webからのMNP予約番号取得方法についてはこちらをご確認ください→「webでのMNP予約番号取得

ちなみに、webの場合dアカウントが必要となりますので、お持ちでない方は登録手続きも必要となります。

MNP予約番号所得にも

手数料3,300円(2019年9月30日までに提供しているプランを契約している場合は2,200円)がかかります。

また、解約申し込み時点でまだ分割支払金などが残っている方は、引き続き支払いが必要となります。

解約によってドコモの月々サポートプランがなくなってしまうので、割引前の料金で支払うことになります。

解約前に一度ご確認ください。

④楽天ひかり回線申し込み手続き

お疲れ様です。

ここまでくれば後は申し込むだけです。冒頭でもお伝えした通り、申し込みは店舗、webで行うことができますが、

webでの申し込みが断然早いのでおすすめです。

それでは実際に申し込んでいきましょう。

楽天ひかりのページへ移行するとご利用状況の確認となります。

(引用:Rakuten 光)

ここで

  • 現在使用しているインターネットサービス
  • 設置先の居住タイプ
  • 事業者承諾番号の入力
  • CAF番号の入力(設置場所が西日本エリアの場合のみ)

CFA番号についてはMy docomoもしくは開通の案内で確認ができます。→「CFA番号について

全て選択を終えると楽天会員ログインへと移ります。

まだ会員でない方は新規登録をお願いします。

ここでログインできると下記のURLへ移るので注意事項をご確認の上、同意するを選択してください。

同意するとご利用状況の確認へ移行しますので、こちらで入力を全て済ませると申し込み完了となります。

⑤楽天モバイル申し込み

申し込み画面へ移行するとプランの選択になります。

Rakuten UN-LIMIT Ⅵを選択すると、現在お申し込みから3ヶ月間無料となり

4ヶ月目移行は使用容量に応じての金額となります。

引用:Rakuten UN-LIMIT VI ワンプラン

プランを選択後、サービス状況とSIMタイプを選択します。

私はiPhone 7から新規購入したiPhone SE2への移行であったため、eSIMというオンライン手続きで開通可能なタイプにしました。

eSIM対応機種と詳細についてはこちらのリンクをご確認ください→「Rakuten Mobile eSIMとは

製品、アクセサリーなどはお好みで選択していただき、「Rakuten UN-LIMIT VI」をカートに入れ

この内容で申し込むを選択し購入完了となります。

乗り換え手続きお疲れ様でした。

後は楽天から手続き案内を待つだけです。

まとめ

この記事では、ドコモモバイル、光回線を全て楽天へ乗り換える最速手順について解説してきました。

ドコモからモバイル、光回線ともに乗り換えの場合

ドコモは電話で手続きを行う楽天はwebで手続きを行う

この2点と順番を間違えなければ最速で手続きが完了します。

現在、楽天モバイル3ヶ月無料キャンペーンを実施しているので、是非この機会に楽天へ移行して経済的な負担を軽減してみてはいかがでしょうか!

キャンペーンLP ※期間中限定

下記に私が実際にお得となった料金比較も載せていますので、興味のある方はご一読ください。(1年無料キャンペーン中に乗り換えた時の比較となります)

ドコモ と楽天の料金比較

しろくま33家の1年目の場合

光回線ファミリープラン(戸建)

ドコモ光
楽天ひかり
  • 6,044円
  • 0円

※0円条件は楽天会員であること、フレッツ光回線を楽天ブロードバンド以外で使用している方が対象となります

スマートフォン

docomo(ギガライト2)
楽天モバイル
  • 2,980円(みんなドコモ割、ドコモ光セット割あり)×2台分
  • 0円

契約1年目は月額11,629円(1月分の料金参照)年額144,000円も支出を抑えることに成功しました。

年額を考慮した上で私はiPhone SE2を2台購入し、計89,560円(下取り値引き後の値段)の費用はかかりましたが、

それでも年額144,000円-89,560円=54,440円黒字(事務手数料は含まれていません)になっています。

しろくま33家2年目の場合

光回線ファミリープラン(戸建)

ドコモ光
楽天ひかり
  • 6,044円
  • 4,800円

スマートフォン

docomo
楽天モバイル
  • 2,980円(みんなドコモ割、ドコモ光セット割あり)×2台分
  • 1Gまで0円
  • 3Gまで1,078円

私の家は夫婦ともに使用量が3G以下のため2年目移行、2台合わせても2,156円となる予定です。

2年目移行は光回線を含めても月額6,956円に抑えることができました。

トータルで2年目移行も年額62,880円お得になりました。

以上、しろくま33家計のお得になった話でした。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

朝活大好き30代|夫婦共働きでサイドFIRE挑戦中
医療従事者 経験10年
本業、副業、学業(大学院2021年3月修了)をしながら、家族との時間を優先にしてきた時間の使い方や子育て、趣味のアウトドア、節約に関して情報を発信
あなたの時間を生み出します

コメント

コメントする

目次
閉じる